広めよう!聖徳太子を偲ぶ「和のあかり」

NPO法人斑鳩文化協議会「和のあかり」プロジェクトチーム

 聖徳太子ご遠忌1400年に向けた「和のあかり」プロジェクト。法隆寺参道を中心に「和のあかり」を灯し聖徳太子を偲びます。当日の設営や、みなさんに知ってもらうための講座を行います。


和のあかり勉強会~なら燈花会のあゆみと観光効果~を開催しました

 5月20日(月)生き生きプラザ斑鳩で和のあかり勉強会を開催しました。活動に協力してくれる方や、興味のある方、約40人が集まりました。

 まずは、NPO法人斑鳩文化協議会「和のあかり」プロジェクトチームの代表代理の吉田尚子氏から、「和のあかり」について、先日視察に行かれた「太子燈聖会」のようすを交えながら話がありました。次に、なら燈花会の発起人 朝廣佳子氏から、なら燈花会の成り立ちや、苦労、なぜ成功したのかなど、実際の燈花会の写真を映しながら説明がありました。寺社仏閣を大切にする奈良「ならでは」の運営の難しさは、斑鳩町にも通じるところがあるように感じられます。

 最後に、吉田氏は「今日は、いろいろな立場の人が参加してくださった。一人ひとりが主役となって取り組めば、斑鳩の和のあかりも成功させることができると思います!」と活動の成功に向けた意気込みを語り、会場からの拍手で締めくくられました。


5月20日に和のあかり勉強会を開催します!


4、5月に開催するイベントに参加しませんか?

 和のあかりプロジェクトの実施に向けて、近隣の「あかり」イベントについての学習会を行います。興味がある人はどなたでも参加できますので、参加ご希望の人は、下記チラシの問い合わせ先までお願いします。